談話構造解析に基づくスライドの自動生成 Automatic Slide Generation Based on Discourse Structure Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,テキストから要約スライドを自動生成する手法を提案する.本稿で生成するスライドは,入力テキストから抽出したテキストの箇条書きからなる.それらに適切なインデントを与えるには,対比関係や詳細化関係などといった文または節間の関係を解析する必要がある.本手法では,まず,接続詞などの手がかり表現,語連鎖の検出,二文間の類似度の三つの観点を用いてテキストの談話構造を解析する.そして,テキストから主題部・非主題部を抽出・整形し,抽出したテキストのインデントを談話構造に基づいて決定することにより,スライドを生成する.実験を行なったところ,入力テキストよりもかなり見やすいスライドを自動生成できることが確認された.In this paper, we describe a method for automatically generating summary slides from a text. The slide consists of itemizations of extracted texts, and to determine their indentation, we need to analyze relations between sentences/clauses, such as contrast and elaboration. We first analyze the discourse structure of the text by considering three types of information: cue phrases, identification of word chain and similarity between two sentences. Then, we extract topic/non-topic parts from the text and generate the slide by placing the extracted texts, whose indentations are controlled according to the discourse structure. Our experiments demonstrate that generated slides are far easier to read in comparison with original texts.

収録刊行物

  • 自然言語処理 = Journal of natural language processing  

    自然言語処理 = Journal of natural language processing 13(3), 91-111, 2006-07-10 

    言語処理学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018202770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472659
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13407619
  • NDL 記事登録ID
    8048769
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-B168
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ