濃度調整型ヘッドボックスの操業経験 Operating Experience of Headbox with Dilution Control System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

王子板紙佐賀工場5マシンは,1985年にハイスピードウルトラフォーマー(5層抄き)を導入したが,増速に伴い,ヘッドボックス流量が設計流量を超え,幅方向のBDプロファイルに悪影響を及ぼし,リッジ(ドラム缶ジワ)の問題が顕在化した。この問題を解決すべく,1997年より計画的にヘッドボックスを更新し,2002年にはマイクロロッドによる幅方向BDプロファイル調整装置付のヘッドボックスを導入した。そして今回,最終段階として,濃度調整型ヘッドボックスを導入することとした。<BR>濃度調整型ヘッドボックスの導入により,BDプロファイルで最大48%,キャリパープロファイルで最大25%向上した。さらに,紙替時間を1回あたりの平均で2.4分,抄出時間を平均で3.8分短縮することができた。<BR>本報では,5マシンに導入した濃度調整型ヘッドボックスの概要,これまでの操業経験と導入の効果について紹介する。

In 1985, a 5-layer Highspeed Ultra Former was introduced to PM 5 in Saga Mill of Oji Paperboard Co., Ltd. Along with the speed-up of the machine, the flow rate through the headboxes increased and exceeded the design rate, resulting in bad BD profiles and exposure of the ridge problems (oil drum-like wrinkles) . To solve them, the headboxes have been replaced systematically since 1997 and a micro-rod BD profiling system was brought in 2002. Then, we installed a Dilution Control System as a final stage.<BR>The installation of the Dilution Control System has provided the improvement of the BD and caliper profile by up to 48% and 25%, respectively. In addition, the down-time for grade change and start-up has been cut by 2.4 minute and 3.8minute on an average, respectively.<BR>The outline, the operating experience, and the advantage of the headboxes with the Dilution Control System introduced to the PM 5 are summarized in this report.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(8), 1129-1132, 2006-08-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018203053
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8051742
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ