木材および木質材料の特性評価における破壊力学の適用 Characterization of Fracturing Properties of Wood and Wood Materials Based on Fracture Mechanics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,大型の建築物に木材や木質材料を利用する機会がきわめて増えてきたが,このことは同時に破壊を誘発する潜在的なき裂が存在する可能性が増すことを意味する。したがって,構造物の安全性を保証するためにも木材や木質材料の強度的な性質に破壊力学を適用することが重要であり,この10年程度の間に木材や木質材料の破壊力学的性質の解明も比較的進展してきている。そこで本稿では,木材や木質材料の強度に関する破壊力学的取り扱いについて,近年までの発展の経過と現在も未解決な問題点について述べる。

Recently, wood and wood products are often used for large-scale structures, and this subject suggests that hidden defects such as crazes, crushes, and cracks tend to be contained in the wood and wood products. Therefore, it is important to obtain proper knowledge of the failure behaviors of these materials to prevent catastrophic failure of the structures, and fracture mechanics is most effective in analyzing these failure behaviors. This paper describes current progress in research on the failure behaviors of wood and wood products based on fracture mechanics, as well as concerns which are not yet sufficiently solved.

収録刊行物

  • 木材学会誌  

    木材学会誌 52(4), 185-195, 2006-07-25 

    The Japan Wood Research Society

参考文献:  107件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018204663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00214795
  • NDL 記事登録ID
    8047527
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-484
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ