2001-2002年に新築された木質系住宅のカルボニル化合物気中濃度の実態調査 Field Measurement of Carbonyl Compound Concentration in Indoor Air of Wooden Residential Houses Newly Constructed from 2001 to 2002

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2001~2002年に新築された木質系住宅において,カルボニル化合物気中濃度の実態調査を行った。3種類の住宅工法と気中濃度の関連性は明確には認められなかった。ホルムアルデヒド気中濃度はなりゆきで平均0.118 ppmであったが,28℃,50%RHに温湿度補正後は0.084 ppmで厚生労働省指針値とほぼ変わらない値であった。指針値を超過する気中濃度を示した住宅は全体の約1/2 であり,木質材料使用量による影響は明確にはみられなかった。アセトアルデヒド気中濃度はなりゆきで平均0.171 ppmで,指針値を6倍弱上回っており,木質材料使用量が増加するに従い,アセトアルデヒド濃度が低下する傾向が顕著であった。

Carbonyl compound concentration was surveyed in the indoor air of fifty-two new wooden residential houses constructed with different construction methods from 2001 to 2002. House construction method did not affect the carbonyl concentration of the indoor air. Actual air concentration of formaldehyde was 0.118 ppm on average. However, the concentration converted to 28°C/50%RH was almost the same as the guideline value (0.08 ppm). About half of the surveyed houses had formaldehyde concentrations more than the guideline value. Average actual air concentration of acetaldehyde was 0.171 ppm, nearly six times greater than the guideline value (0.03 ppm). Increasing the amount of wood-based material used, the acetaldehyde air concentration decreased, but the formaldehyde air concentration did not.

収録刊行物

  • 木材学会誌  

    木材学会誌 52(4), 215-220, 2006-07-25 

    日本木材学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018204810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214795
  • NDL 記事登録ID
    8047553
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-484
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ