二酸化チタンをタルクに被覆した光干渉顔料の調製とその光学的特性 Preparation and Optical Property of TiO_2-Coated Talc Pigment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安価で滑らかな感触をもつ天然のタルクを基板として, その表面に二酸化チタン微粒子を付着形成させたタルク質パール顔料の調製を試みた。従来の市販タルクは, 特有の柔らかい硬度と疎水性の表面を有するために干渉特性を発現する複合体を調製することはできなかったが, タルクのなかでも比較的強い層状構造をもつ原鉱石を湿式粉砕と水簸分級によって粒子状態を制御することにより, マイカ質パール粉体の発色より劣るが明らかに干渉発色を有するタルク質パール粉体を調製することに成功した。この干渉特性は, 基板粒子の厚さと表面非剥離部分の残留による棚状構造の形成によって干渉光と散乱光の共存する淡い発色を示す光学特性を示した。このタルク質パール顔料は, 優れた光沢と干渉発色を特長とする従来のマイカ質パール顔料と同様の目的に応用することは無理であるが, 特有の滑らかな感触と淡い干渉色の質感を活用し, 化粧品などの体質粉体への利用が十分に期待できる。

We tried to prepare talc-based pearl pigment using natural talc, which is cheap and has a smooth touch, by coating of fine titanium dioxide particles on it. Since commercial talc is generally soft and hydrophobic, the formation of hybrid materials with it having interference characteristics has not been realized up to date. However, we successfully have prepared talc-based pearl pigment using raw talc stone, which has a comparatively strong layer structure, by controlling its particle condition with wet grinding and water sieving, although the interference color was weaker than that of the conventional mica-based pearl pigment. <BR>This talc-based pearl pigment showed soft color which was caused by the combination of diffusion and interference lights developed by the right gap of ledge-shaped stepwise structure of talc layer that formed by partial peeling during the grinding. <BR>This talc-based pearl pigment may not be applicable to the same fields for the commercial pearl pigment, but we expect it to be used for cosmetics as an extender because of its very smooth touch and soft interference texture.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 79(8), 329-336, 2006-08-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018207680
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8068296
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ