ポリスチレン粒子集積体のクラックに及ぼす高分子の添加効果 Effect of the Addition of Polymers on Cracks in 3-Dimensional Assembly of Polystyrene Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小島 多恵 KOJIMA Tae
    • 東京理科大学工学部 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Tokyo University of Science
    • 近藤 剛史 KONDO Takeshi
    • 東京理科大学工学部 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Tokyo University of Science
    • 河合 武司 KAWAI Takeshi
    • 東京理科大学工学部 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Engineering, Tokyo University of Science

抄録

ポリスチレン (PS) 粒子分散溶液から基板を一定速度で引き上げて粒子集積体を作製した。得られた粒子集積体には 幅1.5μm 程度のクラックが生成し, クラックに囲まれた粒子集積体の領域の大きさ (ドメインサイズ) は数十マイクロメートル程度となった。クラック量に及ぼす粒子の分散濃度, 基板の引き上げ速度および温度の影響について検討したところ, クラック量が最少 (ドメインサイズが最大) となる条件は PS 粒子分散濃度 2.6wt%, 引き上げ速度 80nm/s および 60℃ であり, ドメインサイズは約百マイクロメートルとなった。さらに, 高分子の添加効果について調べたところ, ポリ塩化ジアリルジメチルアンモニウム, ポリアクリルアミドーアクリル酸共重合体およびポリスチレンスルホン酸ナトリウム塩の添加によってクラック量はほとんど変化しなかったが, アガロースを添加するとクラックの発生が抑制されることが明らかとなった。

Polystyrene particle assembly on glass substrates were prepared by lifting the substrates out of the particle dispersion at a constant speed. There were a lot of cracks in 1.5μm width in the colloid crystals, and the average domain size of the colloid crystals was a few micrometers. We investigated the effects of the pulling speed of the substrates, temperature, and particle concentration of the dispersion on the amounts of cracks, and found that the minimum amounts of the cracks were obtained at the disperse concentration of 2.6wt%, the pulling speed of 80nm/s and 60°C. Further, it was found that the addition of agar to the dispersion resulted in the decrease of the amounts of the cracks.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 79(8), 337-341, 2006-08-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018207688
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8068303
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ