告発立書から告発者の発覚を防ぐ公益通報者保護技術の提案 Proposal on Whistle-blower Protection Technology to Prevent the Exposure of Accuser from an Indictment Document

この論文をさがす

著者

    • 多田 真崇 TADA Masataka
    • 東京電機大学工学研究科情報メディア学専攻 Engineering, graduate course information media studies specialty, Tokyo Denki University
    • 高塚 光幸 TAKATSUKA Mitsuyuki
    • 東京電機大学工学研究科情報メディア学専攻 Engineering, graduate course information media studies specialty, Tokyo Denki University
    • 増渕 孝延 MASUBUCHI Takanobu
    • 東京電機大学工学研究科情報メディア学専攻 Engineering, graduate course information media studies specialty, Tokyo Denki University
    • 佐々木 良一 SASAKI Ryoichi
    • 東京電機大学工学研究科情報メディア学専攻 Engineering, graduate course information media studies specialty, Tokyo Denki University

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ  

    電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ 106(176), 153-158, 2006-07-14 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018213496
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10060811
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ