不知火姫菊抽出液のTNF-α産生促進効果 A Chrysanthemum Flower, Shiranui Himekiku, Extract Enhance TNF-α Production

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

不知火姫菊乾燥花弁の免疫調節機能を明らかにするため,マウスマクロファージ様細胞株RAW264.7のTNF-α産生に及ぼす影響について検討した.不知火姫菊水抽出物はRAW264.7細胞のTNF-α産生促進効果を示したことから,この生理活性物質の同定を試みた.菊抽出物のTNF-α産生促進効果へのポリフェノールの関与を検討するために,ポリフェノール除去処理を行ったが,菊抽出物の活性への影響は認められなかった.また,ポリフェノールはアルコールに高い溶解性を示すことから,菊抽出物のアルコールに対する可溶性を検討したところ,菊抽出物はメタノールにより可溶物および不溶物に分画可能であり,TNF-α産生促進物質はメタノールに不溶であることが明らかとなった.これらのことから,生理活性物質はポリフェノール以外の物質であることが示唆された.次に促進効果が認められたメタノール不溶物の熱安定性について検討したところ,熱水抽出物ではTNF-α産生促進効果の低下が認められなかったことから,生理活性物質は耐熱性であることが示された.また,このような性質に加えて,このTNF-α産生促進物質を含む抽出画分ではタンパク質に特異的な紫外可視スペクトルを示さなかったことから,活性本体はタンパク質以外の物質である可能性が考えられた.そこで,生理活性物質の分離精製を進めていくために,活性の認められた熱水抽出物から作成したメタノール不溶物をゲルろ過クロマトグラフィーにより分画した.菊の代表的な構成成分の一つで,ポリフェノールやタンパク質以外に生理活性物質として考えられる糖の含量を測定することでクロマトグラムを描いた.その結果,糖を含む分子量66000以上の画分のみにTNF-α産生促進活性が認められた.以上の結果から,RAW264.7細胞における不知火姫菊抽出物のTNF-α産生促進作用には高分子の糖類が関与している可能性が示された.

To examine the immunoregulatory activity of a chrysanthemum flower (CF), Shiranui Himekiku (<I>Chrysanthemum indicum×Erigeron annuus</I>), we studied the effect on tumor necrosis factor α (TNF-α) production by a mouse macrophage-like cell line RAW264.7. The production of TNF-α was enhanced upon treatment with CF water extract. We tried to characterize the active component of this crude extract. To determine whether polyphenols are involved in the promotive effect of TNF-α production by CF extract, we prepared a polyphenol-excluded CF extract. This exclusion did not affect the CF's ability to promote the release of TNF-α. Generally, it has been suggested that polyphenol be dissolved in an alcoholic solvent. We dissolved the CF extract in methanol and were able to separate the extract into both soluble and insoluble fractions. The activity to enhance the release of TNF-α was observed only in the methanol-insoluble fraction. These results imply that the bioactive compounds may not be polyphenols. Next, we examined the effect of heat stability on the CF extract. Boiled-water extract of CF maintained its activity to promote the TNF-α production, indicating that the active component in CF extract is heat-stable. Based on this result and the fact that the UV-Vis absorption spectrum of CF extract did not exhibit the typical features of proteins, it was suggested that the active compound may not be a protein. In order to purify the substance enhancing TNF-α secretion, we subjected the methanol-insoluble fraction of the boiled-water extract to size-separation gel-filtration chromatography. The obtained chromatogram detected carbohydrate, one of the major compounds of chrysanthemum, as a candidate for the active substance other than polyphenol and protein. The promotive effect of TNF-α production was observed in only one fraction that contained carbohydrates with the molecular weight over 66,000Da. These results suggest that polysaccharide in the CF extract enhances the production of TNF-α by RAW264.7 cells.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 53(8), 430-436, 2006-08-15 

    社団法人 日本食品科学工学会

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018217953
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    8015499
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ