別海共同利用型バイオガスプラントの稼働概要と展望 Operational Outline and Perspectives of The Betsukai Centralized Biogas-Plant in Hokkaido

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

堆肥化施設を併設する共同利用型バイオガスプラント (別海施設 (北海道): 乳牛約1,000頭分のふん尿を処理) での実証試験結果とそれに基づいた今後の展望を述べた。<BR>(1) バイオガスプラントの効率的稼働のためには処理対象をスラリー状ふん尿に限定する。(2) 原料や生成物の運搬の効率化が必要である。(3) 寒冷地でも順調に稼働し, 余剰電力を産出する。(4) 施設の運営のためには処理料収入が得られる副資材が地域に賦存することが重要である。(5) バイオガスプラントはバイオマスニッポン総合戦略に合致する。(6) エネルギー政策や廃棄物政策との関連で地域の資源循環施設として位置付ける事が今後の普及のために重要である。

収録刊行物

  • 農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering  

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 74(8), 733-737, 2006-08-01 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018218190
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020119X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03695123
  • NDL 記事登録ID
    8066407
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-364
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ