王城寺原演習場周辺障害防止対策事業における灌漑用ため池の新設 Irrigation Tank Construction for Restoration of the Damaged Agricultural Water around Ohjojihara Maneuvering Ground

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

王城寺原演習場は, 陸上自衛隊の実弾射撃および重車輌, 戦車等の訓練により, 表土の剥離・撹乱や植生の枯死・焼失に伴って場内の地表は一変し, 保水力を減退させてきた。降雨時には土砂流出量が増大しため池, 農地, 水路に被害を及ぼし, 干天時には用水枯渇のため水田耕作に障害が起こっている。河川改修, 用水調整ダム, ため池および用排水路の新設・改修工事などの被害防止対策のうち, 用水対策として実施しているため池整備を紹介する。

収録刊行物

  • 農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering  

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 74(8), 741-742, 2006-08-01 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018218205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020119X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03695123
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ