環境保全型水路の開発 Development of Aquatic Fauna-friendly Precast Concrete Flumes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大分県での生態系に配慮した水路改修工事の実績の中から,従来であれば,U字溝等の小水路断面構造物を使用して施工するところを新たなコンクリート二次製品水路で施工した例について,設計,実験,施工とその後の現地観察の経過について報告する。<BR>製品の開発に当たっては,農村地域の水辺に棲む代表的な生き物であるカエル,ヘビ,カニを対象として試作品で実験と観察を繰返し,さらには製造方法を工夫して,これらを水辺の生き物の活動にも適した壁面形状をもつ製品の開発へと反映させた。フィールドテストで施工性と製品の効用について観察した結果,開発したコンクリート二次製品水路は生態系の全,再生にも有効であることが認められた。

収録刊行物

  • 農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering  

    農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering 74(8), 749-750, 2006-08-01 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018218212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020119X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03695123
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ