豪雨が腸炎ビブリオ食中毒の発生を誘発する可能性について Outbreaks of Vibrio parahaemolyticus-Gastroenteritis Possibly Induced from Downpour

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「平成16年7月新潟・福島豪雨」から2週間後の平成16年7月27日に新潟市沖で捕獲して新潟港に水揚げした5尾のアジから23~240/gの腸炎ビブリオが検出された.豪雨の前に水揚げしたアジからは本菌は検出されなかった.このことは, 豪雨で増水した阿賀野川あるいは信濃川から流出した菌がアジを汚染したことを示唆している.一方, この豪雨で荒川が増水した7~14日後に新潟県北部で血清型03: K6の耐熱性溶血毒 (TDH) 産生菌によるイワガキとイガイを原因食品とする腸炎ビブリオ食中毒が多発した.これらの貝類は新潟県北部の汽水域から流出した腸炎ビブリオの汚染を受けていたと推定される.汽水域におけるTDH産生菌の増殖と豪雨による水位上昇を監視するシステムを構築すれば, 高い確率で本食中毒の発生が予測できるであろう.

収録刊行物

  • 日本食品微生物学会雑誌 = Japanese journal of food microbiology  

    日本食品微生物学会雑誌 = Japanese journal of food microbiology 23(2), 93-98, 2006-07-31 

    日本食品微生物学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018218885
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10552871
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13408267
  • NDL 記事登録ID
    8059742
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-1644
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ