マルチパス環境におけるハイブリッドDS-マルチバンドUWBシステムの多元接続性能について(信号処理,スペクトル拡散,及び一般) Multiple Access Analysis for a Hybrid DS-Multiband UWB System in Multipath Environment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では、直接拡散マルチバンド(DS-マルチバンド)UWB伝送のマルチパス通信路における多元接続性能を解析した。性能解析において必要となるマルチパスや他ユーザからの干渉を近似する手法として,Holtzmanが提案した簡易改良ガウス近似(SIGA)を用いた。Rake受信機を仮定し,Rake合成法としては最大非合成(MRC)及び等利得合成(EGC)を想定した。DS-マルチバンドUWBシステムにおいては,処理利得は1ビット当たりのパルス数と使用するバンド数の積となる。性能解析の結果,処理利得が等しくても、ビット当たりパルス数と利用版度数の組合せが異なれば,多元接続時に異なる誤り率特性が得られることがわかった。干渉の近似法としてこれまでに知られている通常のガウス近似(SGA)を用いた場合との性能比較を行い、SIGAの有効性を示した。

A hybrid direct-sequence (DS)-multiband ultra-wideband (UWB) multiple access system is proposed and a simple error analysis is presented for the system considering a multipath channel. Holtzman's simplified improved Gaussian approximation (SIGA) method is used. It is shown that despite having the same processing gain, which is some multiple of the multiplication of the number of frequency bands in use and pulses per bit, different combinations of the parameters result in different performances. Considering Rake type receiver, results are shown for both maximal ratio combining (MRC) and equal gain combining (EGC) and the validity of standard Gaussian approximation (SGA) is examined for various combined paths (Lc). The theoretical results are validated by Monte Carlo simulations.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム 106(171), 19-24, 2006-07-13  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018219276
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11840009
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8015543
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ