オンオフ信号形式型M系列を用いる多値変調法の一検討(信号処理,スペクトル拡散,及び一般) Multilevel Transmission Schemes using M-sequences with On-Off Signaling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、オンオフ信号形式のM系列を用いる多値変調方式について検討している。オンオフ信号形式のM系列とは、M系列を巡回シフトしたL個の系列に平衡チップを付加した直交M系列を基礎とし、それらのL個の系列の+1のチップをそのままとし-1のチップを0にした系列と、+1のチップを0とし-1のチップを+1にした系列の合計2L個の系列である。この2L個のオンオフ信号形式のM系列と直交M系列とは疑似直交関係にある。そのため、オンオフ信号形式のM系列を送信に利用し、直交M系列を受信に用いることでユーザ間干渉を軽減できることになる。本稿では、本系列対を多値変調方式の1つであるパルス位置変調に適用し、白色ガウス雑音が支配的な場合のビット誤り率を導出している。さらに、拡張プライム符号系列を用いる従来方式と比較している。本方式は性能限界から約3[dB]の劣化が生じるが、干渉ユーザ数が5以上で従来方式よりも良好な特性を示している。

In this paper, multilevel transmission schemes using M-sequences with on-off signaling are considered. The M-sequences with on-off signaling are the modified version of the orthogonal M-sequences which are M-sequences with additional one chip. The basic idea of the M-sequences with on-off signaling is that the negative chips are replaced by zero, or the positive chips and the negative chips are replaced by zero and +1 respectively. The relationship between the orthogonal M-sequence and M-sequence with on-off signaling is pseudo-orthogonal. Therefore, source data are transmitted by M-sequence with on-off signaling, and it is detected by the orthogonal M-sequence. In this paper, the bit error rates of the pulse position modulation with on-off type M-sequences are analyzed. The performance degradation from the lower bound of pulse-position-modulation system is 3[dB]. The proposed system is better than that of the conventional system using the modified prime codes when the number of interference users is greater than 5.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム   [巻号一覧]

    電子情報通信学会技術研究報告. WBS, ワイドバンドシステム 106(171), 31-34, 2006-07-13  [この号の目次]

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018219313
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11840009
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8015553
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ