同種造血幹細胞移植における深在性真菌感染症予防 Fungal Infection Following Reduced-Intensity Stem Cell Transplantation (RIST)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 上 昌広 KAMI Masahiro
    • 東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワーク講座 Division of Exploratory Research, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo
    • 松村 有子 MATSUMURA Tomoko
    • 東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワーク講座 Division of Exploratory Research, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo

抄録

造血幹細胞移植は, 進行期造血器腫瘍に対する根治療法として有効性が確立している. 前処置強度を弱めた移植法が開発され, ミニ移植と称されている. ミニ移植では前処置による副作用は軽度であり, 高齢者や臓器障害を有する患者にも応用可能である. 2000年代に入り, 悪性リンパ腫や一部の固形腫瘍にも有効であることが明らかになり, 更に, 非血縁ドナーや臍帯血を用いたミニ移植の研究も進んでいる. 真菌感染は造血幹細胞移植における主要合併症である. いったん真菌感染症を発症すると予後不良のため, 移植後の真菌感染対策は予防に重点が置かれてきた. 近年の移植を取り囲む状況の変化により, 感染対策も変化しつつある. 院内の環境対策が真菌感染予防に重要なことは言うまでもない. しかし, ミニ移植後の真菌感染発症の中央値は移植後100日で, 多くの場合, 外来治療中に発症する. このため, ミニ移植における真菌感染対策では, 抗真菌剤の予防投与が注目されている. 近年, 複数の新規抗真菌剤が開発され, 臨床応用が進んでいる. 真菌感染症領域で, このように多くの薬剤が同時に開発されたことはなく, この数年以内に真菌感染対策は大きく変化することが予想される.

Hematopoietic stem cell transplantation has been established as a curative treatment for advanced hematologic malignancies. Transplantation with a reduced-intensity conditioning regimen has been developed, and the minimal toxicity of reduced-intensity stem cell transplantation (RIST) has made this procedure available for patients of advanced age or with organ dysfunction. The response of malignant lymphoma and some solid tumors to RIST has been observed. RIST with unrelated donors and umbilical cord blood has been studied. Fungal infection is an important complication of RIST. Since the prognosis of fungal infection is poor, the management has been focused on its prophylaxis. Given recent progression in RIST management, the strategy of infectious prophylaxis has also changed. Equipment in the hospital is important for fungal infection; however, the median day of the development of fungal infection is day 100, when most patients are followed as outpatients. The focus of fungal management after RIST is oral antifungal agents rather than in-hospital equipment. Various antifungal agents have recently been developed and applied for clinical use, and many of these have been developed simultaneously for the first time. A major change in antifungal management will probably occur in the next several years.

収録刊行物

  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology  

    日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 47(3), 143-153, 2006-07-31 

    The Japanese Society for Medical Mycology

参考文献:  130件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018224868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10166867
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164804
  • NDL 記事登録ID
    023253206
  • NDL 請求記号
    Z19-348
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ