新規抗真菌薬の有用性と役割 Efficacies and Clinical Roles of New Antifungal Agents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 時松 一成 TOKIMATSU Issei
    • 大分大学医学部感染分子病態制御講座(内科学第二) Department of Infectious Diseases Oita University Faculty of Medicine
    • 門田 淳一 KADOTA Jun-ichi
    • 大分大学医学部感染分子病態制御講座(内科学第二) Department of Infectious Diseases Oita University Faculty of Medicine

抄録

2002年に発売開始されたミカファンギンや2005年に発売開始されたボリコナゾールは, アスペルギルス属に対して抗真菌活性を有する薬剤である. 欧米における大規模臨床試験の結果, ボリコナゾールは, アムホテリシンBに比べ, 侵襲性肺アスペルギルス症に対し優れた有効性を有し, ミカファンギンと同じキャンディン系抗真菌薬であるカプソファンギンは, 好中球減少期における発熱に対し有効性を示した.<br>このように, 今後, ますますアスペルギルス症に対する治療薬剤の選択肢は増加し, その治療方法も大きく変化すると予想される一方, 薬剤選択の多様性から生じる臨床現場の混乱を避けるため, 新たな標準的治療法の確立が望まれる.<br>本稿では, 新規抗真菌薬をめぐる問題として, non-<i>fumigatus Aspergillus</i> の中でも最近増加が懸念されている<i>Aspergillus terreus</i> 感染症に対する新規抗真菌薬の有用性と, 新規抗真菌薬使用下に発生するブレイクスルー感染について記述した.

Micafungin, a new class of the antifungal agent "echinocandin" released in 2002, and voriconazole, a new triazole antifungal agent released in 2005 in Japan have <i>in vitro</i> activities against <i>Aspergillus</i> spp. Results of large-scale clinical trials in Europe and the United States showed voriconazole to have superior efficacy against invasive pulmonary aspergillosis in comparison with conventional amphotericin B, and caspofungin, a member of the echinocandins, was effective as an empirical antifungal therapy in patients with persistent fever and neutropenia. In this way, choices of therapeutic medicine for aspergillosis are increasing more and more, and it is expected that the method of treatment will change greatly in future. On the other hand, we need to establish a new standard therapy for aspergillosis to avoid the clinical disruption caused by the variety of pharmaceutical choice caused. In this report, we describe the role of new antifungal agents for non-<i>fumigatus Aspergillus</i> infections, and the breakthrough in counteracting fungal infection using these new drugs.

収録刊行物

  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology  

    日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 47(3), 155-159, 2006-07-31 

    The Japanese Society for Medical Mycology

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018224999
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10166867
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164804
  • NDL 記事登録ID
    023253250
  • NDL 請求記号
    Z19-348
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ