真菌細胞壁多糖の構造 Structure of Fungal Cell Wall Polysaccharides

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大川 喜男 OKAWA Yoshio
    • 東北薬科大学感染生体防御学教室 Department of Infection and Host Defense, Tohoku Pharmaceutical University

抄録

病原性真菌の細胞壁最外層は, マンナン, ガラクトマンナンなどの親水性の多糖で被われており, 抗原性だけでなく宿主細胞との接着にも関与している. <i>Candida albicans</i> マンナンは, 主鎖がα-1,6結合, 側鎖はα-1,2結合およびα-1,3結合マンノースで構成された基本骨格を持っているが, さらに側鎖にα-1,6結合マンノースによる分岐構造, β-1,2結合マンノース, およびリン酸基の存在する複雑な構造であった. <i>Candida</i> 属マンナン中のβ-1,2結合マンノースは, その結合の様式から1) リン酸基を介してマンナンに置換するもの, 2) 側鎖のα-1,2結合マンノースに置換するもの, 3) 側鎖のα-1,3結合マンノースに置換するもの, という3種類が存在していた. β-1,2結合で連なった側鎖はコンパクトなヘリックス構造をとっていた. この特徴がNMR解析での特殊な化学シフト値や強い抗原性を示す原因と考えられる. これらの特徴を二次元NMRシグナルから読み取ることにより, 各種のマンナンの構造が非破壊的にもかなり解析できるようになった.

<i>Candida albicans</i> mannan consists of the α-1,6-linked backbone moiety and the α-1,2- and α-1,3-linked side chains. It also contains α-1,6-branched mannose units, β-1,2-linked mannose units, and phosphate groups. The cell wall mannans of the genus <i>Candida</i> possess three types of β-1,2 linked mannose units. One is linked via the phosphodiester linkage, the second type is connected to an α-1,2-linked mannose unit, and the third type is attached to an α-1,3-linked mannose unit. These β-1,2-linked mannose units showed a strong antigenicity and produce the characteristic NMR chemical shifts. Using two-dimensional NMR techniques, we will practically determine the structure of these polysaccharides in a nondestructive manner.

収録刊行物

  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology  

    日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 47(3), 179-184, 2006-07-31 

    The Japanese Society for Medical Mycology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018225049
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10166867
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164804
  • NDL 記事登録ID
    023253395
  • NDL 請求記号
    Z19-348
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ