真菌多糖の免疫系による認識とその活性化作用 Contribution of Dectin-1 to the Recognition of Fungal Cell Wall Products and the Activation of Innate Immune Response

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安達 禎之 ADACHI Yoshiyuki
    • 東京薬科大学薬学部免疫学教室 Laboratory for Immunopharmacology of Microbial Products, Tokyo University of Pharmacy and Life Science
    • 大野 尚仁 OHNO Naohito
    • 東京薬科大学薬学部免疫学教室 Laboratory for Immunopharmacology of Microbial Products, Tokyo University of Pharmacy and Life Science

抄録

<i>Candida albicans</i> などの真菌の細胞壁には(1→3)-β-D-glucanが含まれている. 樹状細胞やマクロファージに発現するC-typeレクチンに属するDectin-1はβ-glucanに結合する膜タンパク質として菌体の認識に関わっている. しかし, 真菌感染あるいは真菌に対応する免疫機構が関連する疾患においてDectin-1がどのような役割を演じているかは明確ではなく, これらを明らかにすることは感染防御や炎症性疾患の発症と対策を考慮するために重要であると考えられる. Dectin-1のβ-glucan認識能と細胞活性化能を解析するために, Dectin-1変異体およびDectin-1モノクローナル抗体を作製し, 結合活性に関するアミノ酸残基を他のC-typeレクチンと比較した. その結果, Dectin-1はDC-SIGNなどのmannose結合性C-typeレクチンとは全く異なるアミノ酸残基を用いて, Ca<sup>2+</sup>非依存的にβ-glucanを認識することが示された. Dectin-1による細胞の活性化機構の解析には従来, β-glucanを主成分とする酵母<i>Saccharomyces cerevisiae</i> 由来のzymosanが汎用されている. zymosanは, TLR2発現細胞に作用しNF-κBの活性化を引き起こす. Dectin-1はTLR2発現細胞においてzymosanのNF-κB活性化能を促進した. この促進作用はβ-glucan非結合性Dectin-1変異体では起こらないことから, β-glucanの認識が重要であった. 一方, zymosanのクロロホルム-メタノール処理物はDectin-1結合性を保持しているにも関わらずTLR2との共発現でもNF-κBを活性化できなかった. <i>Candida</i> 由来の精製β-glucanも同様に共発現細胞でも全くNF-κBの活性化を示さないことから, Dectin-1によるβ-glucan結合シグナルのみではNF-κBを活性化するには不十分で, Dectin-1以外の受容体からのNF-κB活性化シグナル誘導も重要であることが示唆された.

1,3-β-glucans is a major cell wall component in fungi. Receptor molecules relating to innate immunity may recognize such cell wall products, and affect host defense systems. A β-glucan receptor, dectin-1, is a C-type lectin and may contribute to the innate immune responses. To examine the role of dectin-1 in recognition of 1,3-β-glucans and subsequent activation of intracellular signaling, the molecular characteristics of a carbohydrate recognition domain (CRD) of dectin-1 were investigated. The binding ability to β-glucans was abolished by mutating two amino acid residues, Trp221 and His223, on the CRD. Dectin-1 increased TLR2-mediated NF-κB activation in response to zymosan. However, dectin-1 alone could not affect the activation pathway for NF-κB, nor did co-expression of dectin-1 mutant and TLR2 increase the NF-κB activation. These results suggest that dectin-1 may have a co-stimulatory effect on leukocyte activation in response to fungal infection.

収録刊行物

  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology  

    日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 47(3), 185-194, 2006-07-31 

    The Japanese Society for Medical Mycology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018225068
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10166867
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164804
  • NDL 記事登録ID
    023253417
  • NDL 請求記号
    Z19-348
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ