脳卒中後遺症者と担当理学療法士が認識している外来理学療法目標の相違 : 回復期後期, 維持期前期, 維持期後期別の比較検討 Differences between Stroke Outpatients and Physical Therapists Regarding the Understanding of Physical Therapy Goals

この論文をさがす

著者

    • 上岡 裕美子 KAMIOKA YUMIKO
    • 茨城県立医療大学 保健医療学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, School of Health Sciences, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences
    • 吉野 貴子 YOSHINO TAKAKO
    • 茨城県立医療大学 保健医療学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, School of Health Sciences, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences
    • 菅谷 公美子 SUGAYA KIMIKO
    • 茨城県立医療大学付属病院 リハビリテーション部理学療法科 Department of Physical Therapy, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences Hospital
    • 大橋 ゆかり OHASHI YUKARI
    • 茨城県立医療大学 保健医療学部理学療法学科 Department of Physical Therapy, School of Health Sciences, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(3), 239-247, 2006-08-20 

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018225619
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ