背もたれと骨盤の位置関係が坐骨部荷重ピーク値とずれ応力に与える影響 : 実験モデルを用いたずれ応力の推定 Relationships between Backrest of a Chair and the Position of Pelvis on the Peak Load Value at the Ischium and the Shear Stress : An Estimate of the Shear Stress with an Experiment Model

この論文をさがす

著者

    • 小原 謙一 KOBARA KENICHI
    • 川崎医療福祉大学 医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare
    • 江口 淳子 EGUCHI ATSUKO
    • 川崎医療福祉大学 医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare
    • 渡邉 進 WATANABE SUSUMU
    • 川崎医療福祉大学 医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 21(3), 293-297, 2006-08-20 

    理学療法科学学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018225752
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    8069715
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ