固定性補綴装置のストラテジックプラン Strategic Plan for Reshaping Using Fixed Prosthesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田上 直美 TANOUE Naomi
    • 長崎大学医学部・歯学部附属病院専門歯科 Department of Specialized Dentistry, Nagasaki University Hospital of Medicine and Dentistry

抄録

固定性歯科補綴とは歯質欠損や歯の欠損を修復する科学である. その根底には機能的な咬合を回復することで「噛めるようにする」という目的がある. しかしながら, 近年の固定性補綴装置には, 患者の年齢や性別を問わず, 必ずと言っていいほど審美性の回復が求められる. 通常, 固定性補綴装置の製作では目標とすべき歯のモデルが既に口腔内に存在することが多く, 満足できる審美性の付与は難しい. これらの目的に対する研究は, 固定性補綴における「基盤研究」に位置するものであると推測される. 審美性を補綴的手法で回復するには, 一般的に陶材や前装用レジンのような歯冠色歯科材料を用いる. これらの材料は, 厚ければ厚いほど優れた機械的性質や審美性が期待できる. しかしながら, 材料を厚く築盛できる支台歯形成は「Minimal Intervention (MI)」の理念からはかけ離れたものである. 固定性歯科補綴の「創生研究」は, 審美性とMIのどちらかを優先するのではなく, その双方を満たす補綴方法に基づくものでなければならない. この二つは, 現状では未だ相反する要素であるが, 患者は間違いなく「削らずに美しくする」治療を求めており, それが臨床的なニーズである. 打開のためのストラテジーとしては, 新たな歯科材料と技術の創生に繋がる研究を推進することとなろう.

Fixed prosthodontics is the art and science of restoring defective or damaged teeth and/or replacing missing teeth. The primary objective of a restoration is to recover functional occlusion. Additionally, patients, regardless of their age and sex, have needs related to esthetic restoration. To please patients, the dentist must deliver an esthetic restoration that blends with the patient's natural teeth. These are some of the needs related to "basic research" in fixed prosthodontics.<BR>Either ceramic materials or resin composites are used for indirect esthetic restoration. In general, toothcolored materials require incremental thicknesses to ensure adequate color and sufficient mechanical properties. However, the thick form of a prosthesis contradicts the concept of "minimal intervention". Patients though require restorations that meet their esthetic needs without any significant loss of tooth structure.<BR>The strategy for the "new (advanced) research" in fixed prosthodontics should be based on the two concepts of esthetics and minimal intervention. Although these two factors appear inconsistent, patients unquestionably require both to be provided with high quality care that will include both solutions in the context of a well-organized and sequenced comprehensive treatment plan. Consequently, in response to the growing popularity of esthetic dentistry, we dentists should develop a new dentistry field, one that introduces relevant new technologies along with newly developed materials.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society  

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 50(3), 370-375, 2006-07-10 

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018226212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ