上顎左側中切歯の単冠補綴により歯間乳頭を再建させた症例 Interdental Papilla Reconstruction with Prosthodontic Treatment of Maxillary Central Incisor : Case Report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 脇 智典 WAKI Tomonori
    • 大阪大学歯学部顎口腔機能再建学講座 Department of Fixed Prosthodontics, Osaka University Graduate School of Dentistry

抄録

症例の概要: 患者は20歳女性.上顎左側中切歯部の外観不良を主訴に来院した.<BR>考察: 外観不良を改善するためには, 補綴装置を再製するだけでなく, 歯間乳頭の再建が必要と考え, 上顎左側中切歯の補綴処置のみでこの両方の問題を解決することを試みた. この症例では, プロビジョナルレストレーションの隣接面および歯肉縁下の形態のラボサイドへの伝達とその方法が, 非常に重要であることが示された.<BR>結論: 単冠による補綴治療のみで歯間乳頭を再建させる方法は, プロビジョナルレストレーションの段階で隣接面および歯肉縁下の形態を決め, それを最終補綴の形態に反映できれば, 十分に臨床応用が可能であることが示唆された.

Patient: A 20-year-old female whose chief complaint was esthetic disturbance of a crown placed on the maxillary left central incisor.<BR>Discussion: The interdental papilla was reconstructed only by the prosthodontic treatment of maxillary left central incisor. This case suggests that the proximal and subgingival contours of provisional crown is very important to the reconstruction of interdental papilla, and also suggests that the transmission of the information regarding the configuration of a provisional crown to the lab side is very important.<BR>Conclusion: This case shows that the emergence profile of a single crown, especially of its proximal aspect, is important to reconstruct the interdental papilla.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society  

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 50(3), 441-444, 2006-07-10 

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018226445
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ