歯科用金属アレルギーと思われた扁平苔癬症例 A Case of Oral Lihen Planus due to Dental Metal Allergy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例の概要: 患者は64歳 (初診時) の女性である. 病理組織診断にて頬粘膜, 歯肉部の扁平苔癬と診断された. 投薬などにより症状に軽快が認められないこと, パッチテストにより歯科用金属に対する感作が確認できたこと, 口腔内金属修復物成分分析結果から, 歯科用金属アレルギーを疑い, 被疑金属の排除と経過観察, 被感作材による治療と生活指導をおこなった.<BR>考察: 治療開始後, 頬粘膜, 歯肉ともに改善傾向を示し, 13ヶ月経過後には症状がほぼ消失し, その後悪化をみていない.<BR>結論: 歯科臨床で頻繁に使用されている金銀パラジウム合金の成分のひとつであるPdが口腔内扁平苔癬の発症, 増悪因子となりえる可能性を示した症例と考えられた.

Patient: This clinical report describes the treatment of a patient who experienced a hypersensitivity reaction associated with prosthetic restorations fabricated with a silver-palladium-copper-gold alloy.<BR>Discussion: Patch testing revealed an allergy to the palladium substrate. Allergic symptoms disappeared from the patient's mucous membrane after all the prosthetic restorations in the patient were replaced with those fabricated using some alternative alloys. The case presented indicates that the release of palladium from prosthesis fabricated with dental metal alloys is able to induce hypersensitivity reactions resulting in soft-tissue changes in the buccal mucosa.<BR>Conclusion: Dental procedures as a multidisciplinary approach to the care taking of patient are presented.

収録刊行物

  • 日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society  

    日本補綴歯科學會雜誌 = The journal of the Japan Prosthodontic Society 50(3), 461-463, 2006-07-10 

    Japan Prosthodontic Society

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018226466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00197911
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03895386
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ