尿中赤血球形態による出血起源鑑別法の位相差および光学顕微鏡での比較 Comparison between optical microscopic examination and phase contrast microscopic examination for diagnosing the origin of urinary bleeding

この論文をさがす

著者

    • 賀来 満夫 KAKU Mitsuo
    • 東北大学病院大学院医学系研究科感染制御・検査診断学分野 Department of Infection Control and Laboratory Diagnostics, Internal Medicine, Tohoku University Graduate School of Medicine
    • 佐藤 博 SATO Hiroshi
    • 東北大学病院腎・高血圧・内分泌科 Department of Nephrology, Endocrinology, and Hypertension, Tohoku University Hospital, Miyagi

収録刊行物

  • The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集]  

    The Japanese journal of nephrology = / 日本腎臓学会 [編集] 48(5), 401-406, 2006-07-25 

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018227987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10131749
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03852385
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ