DDS事業と創剤技術 Drug delivery business and drug delivery research and development(So-Zai)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 製剤研究は新薬創生の場で多くの貢献をしてきている. これは, 研究者の弛まない努力により科学的なアプローチが可能になり, 他部門の研究者や企業の上層部にわかる言葉で研究計画を話せ, またその結果が期待に応えてきたことによる. DDSは, これら企業における製剤研究者の基盤を強めるkey wordとして役立っている. 一方, 基盤の小さいDDS事業は, 一般の製薬企業の現状と同じく開発期間の長期化と開発経費の高騰により困難になっており, 商品化志向が強いspecialty pharmaに注目が集まっている.

Many contributions have been shown for new drug launch by drug delivery research and development in pharmaceutical companies. These come from long effort by their scientists and make scientist in other department and top management understand their approaches and idea, and also they have answered their expectation. DDS is used to make recognition of their effort. Whereas, business of DDS companies are now in somehow more difficult to create new products because of longer development time and higher cost. Specialty pharma is highlighted because of their approach and strategy.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(4), 398-404, 2006-07-10 

    日本DDS学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018228756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ