粉末吸入剤におけるDDS技術の現状と未来 The present state and future of dry powder inhalation system

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在, 多くの蛋白質やペプチド性医薬品が主に注射剤として開発されている. これら注射剤は, 患者の立場を考慮した場合, 利便性・安全性, 痛みや注射恐怖症などの面で種々の問題点が指摘されている. 近年, その代替製剤として, 蛋白質やペプチドの吸収部位としての肺に着目した非注射剤である吸入剤の開発が盛んに行われている. このなかでもオゾン層の破壊や地球温暖化に影響を与えない環境にやさしい粉末吸入剤が注目されている.<br>本稿では, 粉末吸入システムにおける現状と未来について述べる.

With recent advances in biotechnology, numerous promising proteins and peptides are being developed mostly as injectable drug preparations. From a patient viewpoint, these injectable preparations are associated with various problems in terms of convenience, safety, pain and needle phobia. In order to maximize the potential of these drugs, drug delivery systems other than injection preparations are needed. Recently, pulmonary delivery of dry powder inhalants has been extensively studied as an administration route for the systemic absorption of protein and peptide drug preparations. They do not negatively affect the patient or the environment (ozone layer destruction and global warming).<br>In this review, I would like to introduce the present and future of dry powder inhalation system.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(4), 417-425, 2006-07-10 

    日本DDS学会

参考文献:  60件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018228782
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ