ペプチド医薬品の経鼻吸収製剤 : 市場動向と技術開発 Nasal delivery system for peptide drugs : market trend and technology development

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ペプチド医薬の注射に代わる投与ルートとして経鼻投与が注目されている. 経鼻投与は, 鼻腔の生理学的特徴ゆえに高いバイオアベイラビリティが期待できるものの, ペプチド医薬にとっては, 透過・酵素バリアーや粘液バリアーなどの障壁が存在し, 実用化のためにはこれらを克服しなければならない.<br>最近, 筆者らは, 作用点の異なる添加剤の組合せによる吸収改善効果, および非吸水性キャリアを利用した粉末製剤化による吸収改善効果を見いだした.<br>本稿では, 経鼻吸収製剤を開発するうえでの基礎に触れるとともに, 経鼻製剤の市場動向と実用化された製剤の形態面からの分析, さらには最近の筆者らの吸収改善研究について紹介したい.

Nasal route has been gaining attention as an alternative systemic delivery route to injection for peptide drugs. Although high bioavailability can be expected by intranasal administration due to the physiological characteristics of the nasal cavity, there are still several barriers to be overcome for peptide drugs : mucus, penetration and enzymatic barriers.<br>Recently, we have established new strategies for improving nasal peptide absorption by concurrently using two kinds of enhancers having different mode of action, or by powdery formulation using non-water-absorbable carrier.<br>This paper, starting with the basis for developing nasal drug delivery systems, will review marketed products from formulational aspects, and introduce our recent approaches for improving nasal absorption of peptide drugs.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(4), 426-434, 2006-07-10 

    日本DDS学会

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018228843
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ