中空バイオナノ粒子を用いたDDSの開発とその産業化 Development of DDS using hollow bio-nanoparticles and their commercialization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, B型肝炎ウイルス (HBV) の外殻L蛋白質から形成され約80nmの平均径を持つL粒子を酵母で量産することに成功した. この粒子はウイルスゲノムを含まない中空のバイオナノ粒子であることから, 薬剤や遺伝子などを肝細胞特異的に送達 (ピンポイントDDS) する安全かつ高効率なナノキャリアとし利用できる. さらに, L蛋白質の肝細胞認識部位 (pre-S領域) を各種のターゲティングペプチドやリガンドに置き換えることで, 任意の組織・臓器に再標的化された粒子も構築できるため, 広範なピンポイントDDSへの応用が期待されている.

We succeeded overproduction of the HBV envelope L particles with an approximate average particle size of 80 nm in yeast cells. Because the L particle is an empty bionanoparticles containing no viral DNA, it can be used as a safe and efficient carrier for human liver-specific delivery (pinpoint delivery) of drug and gene. In addition, genetically engineered L particles that are able to target to various organs were constructed by deleting the hepatocyte binding domain of L protein (pre-S region) and displaying targeting peptide or protein ligands. Therefore, bionanoparticles are a novel nano-carrier applicable to the broad range of pinpoint DDS.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 21(4), 435-443, 2006-07-10 

    日本DDS学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018228870
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ