ボリュームデータの位相構造に基づく自動断面生成 Automatic Cross-Sectioning based on 3D Field Topology Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ボリュームデータの複雑な内部構造を視覚的に解析する手法の一つに断面の表示がある.内部構造を理解するためには,対象の特徴をよくとらえた断面を抽出することが必要である.しかし,既存システムの断面生成機能では,ユーザが経験や知識をもとに試行錯誤を繰り返して断面を指定するため,必ずしも特徴的な断面が得られているとはいえなかった.そこで 本稿では,複数の特徴的な断面を自動的に提示する手法を提案する.本提案手法は,ボリュームデータにおける等値面の位相的な振る舞いに着目することで,その特徴をとらえる断面を自動抽出し,その断面をユーザに効果的に提示する.更に,実データに適用することで,提案手法の有効性を示す.

Cross-sectioning is one of the most commonly used methods for visualizing the complicated inner structures of three-dimensional volume datasets. However, the method usually requires a tedious trial-and-error process by users and thus often fails in finding characteristic cross-sections that capture the underlying inner structures. This paper presents a method for automatically generating characteristic cross-sections from a given volume dataset. The application of a graph structure called volume skeleton tree (VST) allows us to automatically extract such characteristic cross-sections by delineating the topological structure of the given volume. The feasibility of the proposed method is demonstrated using simulated and measured volume datasets.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 35(4), 252-260, 2006-07-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018229246
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    8064500
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ