Radial Reach Filter を用いたブロック識別法による移動物体追跡 Tracking to a Moving Object by Block Discrimination Method based on Radial Reach Filter

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高度道路交通システムやセキュリティシステムの分野において,固定カメラで取得される画像内の移動物体を追跡する画像処理手法 の開発は大変重要な課題である.本稿では,従来の移動物体の追跡法では解決されていない背景変動などを考慮した 手法を提案する.このとき,画像内の物体を検出する代表的手法の一つであるRadial Reach Filterから算出される画素単位の 放射リーチ情報をブロック化し,移動物体の判別に応用する.最後に,実画像を用いた実験により,提案する手法の有効性を実証する.

In the field of intelligent transport systems or security systems, development of the image processing method which tracks moving objects on the image taken by a fixed camera is a very important subject. In this paper, we propose new tracking method, considering the renewal of background by the time passage, which has not been done in the former methods. Then, block division of the radial reach information in the pixel unit which is calculated by Radial Reach Filter, known as one of the typical methods to detect the object, is carried out, and it applies to the distinction of a moving object. Through the experiments using the real image, this paper shows the effectiveness of our proposed approach.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 35(4), 306-313, 2006-07-25

    一般社団法人 画像電子学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018229401
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    8064635
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ