空間標本化法による立体映像の検討 A Study of Space-Sampling Method for 3D Movies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年のディジタル画像処理技術の進化に伴い,映画の立体化が進行しつつある.現在最も実現可能性の高い方法は,両眼視差を利用した偏光眼鏡方式と思われるが,眼鏡方式に起因する違和感や疲労感があり,眼鏡の不要な立体映像の実用化が強く望まれている.本稿では,空間標本化法による裸眼立体映像の実現性について検討した結果を報告する.空間標本化法は,三次元の実空間をレンズにより小空間に写像し,これを三次元標本化することで,立体映像データを取得し,三次元ディスプレイに表示することで映像空間を再生する.この再生映像を屈折スクリーンに投映することにより,元のスケールの三次元映像空間を再現すること もできる.多層化撮像·表示デバイス,奥行解像度,ボケの透明化,オクルージョン問題について検討を行った.

3D cinemas are becoming real thanks to digital image processing technology. The most feasible and stable technology based on the binocular disparity requires stereo-glasses. However, there is still a strong desire for glasses-free method in order to ease the stress to viewers. In this paper, Space-Sampling method is investigated for glasses-free 3D movies. With a layered image sensor device, Space-Sampling method captures 3D image projected through a lens. Layered display panels reproduce 3D images. They can be projected on a refractive screen to reconstruct the original 3D image space. Transparent image sensors, layered display panels, depth resolution, blur elimination and occlusion problems are discussed.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 35(4), 317-325, 2006-07-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018229418
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    8064669
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ