任意視点画像における対応点自動追加処理の一検討 A Study of Automatic Setting of Additional Corresponding Points for Multiple View Images

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複数の撮影画像をもとに,対象物の空間座標を求めるには,撮影画像の間において対応 する点の座標が既知である必要がある.撮影位置が比較的近い画像どうしの場合は類似した画像になるので,単純なパターンマッチングにより対応点を求めることができるが,任意視点画像どうしの場 合にはうまくゆかない.本稿では,任意視点画像を対象として,三つの既知の対応点をもとにアフィン変換によりテンプレートを決め,エピポーラ線上でパターンマッチングを行うことで,対応点を自 動的に追加することを検討した.その結果,平面および曲面を持つ対象物において,正しい対応点を 求めることができた.

To identify a 3D coordinate of an object from photographic images, corresponding point of each image must be known. Though it is possible to obtain corresponding points by the simple pattern matching among similar images from near viewpoints, it is difficult among images from arbitrary viewpoints. In this paper, we examined the matching method which adds the corresponding points automatically for multiple view images. In this method, template of each image is decided according to an affine transformation by referring three known corresponding points, and a new corresponding point is obtained by pattern matching along the epipolar line. As a result, it was confirmed that correct corresponding points are obtained on some images of the object with plane or curved surface.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 35(4), 334-338, 2006-07-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018229452
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    8064708
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ