大都市居住高齢者の社会活動に関連する要因 : 身体, 心理, 社会・環境的要因から FACTORS ASSOCIATED WITH SOCIAL ACTIVITIES AMONG THE ELDERLY IN A METROPOLITAN AREA : PHYSICAL, PSYCHOLOGICAL, AND SOCIO-ENVIRONMENTAL PARAMETERS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 大都市に居住する高齢者の社会活動に関連する要因を,身体,心理,社会・環境的な状況から総合的に検討することを目的とした。<br/><b>方法</b> 大阪市に居住する65~84歳の高齢者1,500人を,選挙人名簿を用いて無作為に抽出した。調査は,自記式調査票を用いた郵送調査を実施した。有効回答数771人(51.4%)のうち,代理回答および IADL 得点が 0 点の者を除外したため,分析対象者は654人となった。社会活動は,個人活動,社会参加・奉仕活動,学習活動,仕事という 4 側面を捉える社会活動指標を用いて測定した。分析は,社会活動の 4 側面それぞれを従属変数,基本属性,身体,心理,社会・環境的な変数を独立変数としたロジスティック回帰分析を行った。<br/><b>結果</b> ロジスティック回帰分析を行った結果,個人活動が活発な者の特性は,外出時のからだのつらさがない,親しい友人や仲間の数が多い,活動情報をよく知っている,活動情報を教えてくれる人がいる者であった。社会参加・奉仕活動では,地域社会への態度の得点が高い,平穏でのんびり志向の得点が高い,親しい友人や仲間の数が多い,外出や活動参加への誘いがある,技術・知識・資格がある,中年期に地域とのかかわりがあった者であった。学習活動では,地域社会への態度の得点が高い,外出や活動参加への誘いがある,活動情報をよく知っている者であった。仕事では,変化や新しさを伴う活動的志向の得点が高い,技術・知識・資格がある,中年期に地域とのかかわりがあった者であった。<br/><b>結論</b> 高齢者の社会活動には,身体,心理,社会・環境的な要因が幅広く関連していた。高齢者が社会活動に参加しやすい社会を構築していくためには,地域における仲間づくりや共通の関心を持つ者同士が出会ったり共に活動したりしやすいような支援や,地域の委員等が活動参加を適度に促すことなどが求められる。また,個人の側も高齢期以前から地域の活動に関心を持つなどの努力が必要であろう。

<b>Objective</b> The current study examined physical, psychological, and socio-environmental factors related to social activities among the elderly in a metropolitan area.<br/><b>Methods</b> Fifteen hundred individuals aged 65 to 84 years were randomly selected in Osaka City. Data for 771 persons (51.4%) were obtained from a mail survey and these for 654 eligible cases were analyzed for level of social activities from four aspects: personal activities, socially-related activities, learning activities, and job activity. In order to examine factors related to social activities, we used logistic regression analyses with each of the four aspects of social activities as dependent variables. Independent variables were socio-demographic, physical, psychological, and socio-environmental variables.<br/><b>Results</b> Multivariate analyses revealed the following results: no feeling of difficulty in going outdoors, number of friends, sense of collecting information about social activities, and informational social support were positively associated with personal activities.<br/> The attitude toward community score, the motivation to live comfortably score, the number of friends, opportunities to be invited to participate, any skill or knowledge, and experience in community activities were positively related to participation in socially-related activities.<br/> The attitude toward community score, opportunities to be invited to take part, and sense of collecting information about social activities were also positively associated with learning activities.<br/> Furthermore, motivation to active life score, any skill or knowledge, and experience in community activities were positively related to job activity.<br/><b>Conclusion</b> Physical, psychological, and socio-environmental factors as well as socio-demographic factors were found to be associated with social activities among the elderly in a metropolitan area.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH  

    日本公衆衛生雑誌 = JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH 53(7), 504-515, 2006-07-15 

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018231756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    8015767
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ