スタビライザー用陰圧調整器を作製して

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】心拍動下バイパス術(OPCAB)において,多くの種類のスタビライザーが使用されている。通常使用されているスタビライザーは,陰圧にて心臓を吸い付ける方法を利用しているが,陰圧の調整を問題にしている例は少ない。壁吸引を使用して陰圧を調整した場合,使用中陰圧が―200~450mmHgの間で変化し,一定の陰圧を得られなかったため,スタビライザーの固定が不安定になっていた。そこで,スタビライザーの固定を安定させることを目的とし,吸引圧調整用の専用吸引器を作製し,従来―400mmHgにて使用していたタビライザーの陰圧を―300mmHgにて使用し,同等の固定を得ることができた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 33(3), 352-354, 2006-08-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

各種コード

ページトップへ