排ガス中の低濃度多成分溶剤の除去・濃縮装置最適化の試み Optimization of Rotor-Type Solvent Recovery System for Low-Concentration Solvent

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松隈 洋介 MATSUKUMA Yosuke
    • 九州大学大学院工学研究院 化学工学部門 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Kyushu University
    • 高谷 真介 TAKATANI Shinsuke
    • 九州大学大学院工学研究院 化学工学部門 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Kyushu University
    • 井上 元 [他] INOUE Gen
    • 九州大学大学院工学研究院 化学工学部門 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Kyushu University
    • 峯元 雅樹 MINEMOTO Masaki
    • 九州大学大学院工学研究院 化学工学部門 Department of Chemical Engineering, Graduate School of Engineering, Kyushu University

抄録

光化学スモッグや悪臭公害の主要な原因の一つになっている,低濃度溶剤をハニカム型ゼオライトを充填した回転式吸着塔を用いた,TSA方式で除去・濃縮するシステムについて最適化のためのシミュレーション計算を行った.本研究では,各パラメータが溶剤回収率,所要加熱量および濃縮倍率に及ぼす影響を検討することにより,最適条件の選定を行った.<br>この結果,53000 m<sup>3</sup> (STP)·h<sup>−1</sup>の排ガスを処理する装置の最適形状は,層高0.8 m,吸着,加熱再生およびパージ部の分割比が300°/30°/30°で,最適操作条件は,再生ガス流量15000 m<sup>3</sup> (STP)·h<sup>−1</sup>,再生ガス温度453 K,回転数14 rphであることがわかった.また,処理ガス流量が変化しても,比較的簡単な制御により,所定の性能を維持できることがわかった.<br>このような計算により,排ガス条件と目標性能に即した装置の最適設計を行うことが可能であることがわかった.

Low-concentration solvent included in exhaust gas is the chief cause of environmental pollution such as photochemical smog and odor nuisance. In the present study, numerical simulations of a rotor-type solvent recovery system were conducted in order to decide the optimal operation conditions for the actual plant. The dependence of the rotation speed, bed height and adsorption angle on the recovery rate, concentration rate and consumption energy was calculated. From these simulations, the following optimal operation conditions were obtained. 1) The optimal size of actual plant (flow rate of flue gas: 53000 m<sup>3</sup> (STP)·h<sup>−1</sup>) are height of 0.8 m, adsorption angle of 300°, heating zone angle of 30°and purge zone angle of 30°. 2) The optimal operation conditions are desorption gas flow rate of 15000 m<sup>3</sup> (STP)·h<sup>−1</sup>, desorption gas temperature of 453 K and rotation speed of 14 rph. Furthermore, the optimal performance of the proposed system can be maintained by means of a simple feedback control, even though the flow rate of flue gas changes. These results could be helpful guidance for system optimization of the rotor-type solvent recovery system.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(5), 402-408, 2006-09-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018243760
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8521931
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ