水苔由来ピートモスによる重金属イオンのバイオソープション Biosorption of Heavy Metals onto Sphagnum Peat Moss

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 関 秀司 SEKI Hideshi
    • 北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 Division of Marine Life Science, Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University
    • 于 克鋒 YU Kefeng
    • 東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻 Institute of Industrial Science, University of Tokyo
    • 丸山 英男 [他] MARUYAMA Hideo
    • 北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 Division of Marine Life Science, Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University
    • 鈴木 翼 SUZUKI Akira
    • 北海道大学大学院水産科学研究院 海洋応用生命科学部門 Division of Marine Life Science, Graduate School of Fisheries Sciences, Hokkaido University

抄録

水苔由来の腐植物質であるピートモスの重金属吸着剤への利用を目的としてカドミウムと鉛に対する吸着特性について検討した.金属結合サイトである酸性基(カルボキシル基とフェノール性水酸基)の数と解離定数を電位差滴定によって決定した後に,カドミウムおよび鉛吸着実験の結果を酸性基への水素イオンと金属イオンの結合反応に基づく吸着モデルを用いて解析し,ピートモスへの2価金属イオンの吸着がBidentate型であることを明らかにした.ピートモスには約1.5 mmol·g<sup>−1</sup>の酸性基が存在し,2価金属イオンに対する吸着容量は約0.75 mmol·g<sup>−1</sup>であった.また,カドミウムおよび鉛イオンの吸着速度過程が擬二次速度式に従うことを示した.

Biosorption of Cd<sup>2+</sup> and Pb<sup>2+</sup> onto sphagnum peat moss was investigated. The mole numbers and acid dissociation constants of metal-binding sites (carboxyl and phenolic hydroxyl groups) were determined by potentiometric titration. The Cd<sup>2+</sup> and Pb<sup>2+</sup> adsorption data were analyzed using two different adsorption models. The models were based on the acid dissociation reactions of acidic sites and the monodentate or bidentate binding reactions of bivalent metal ions to acidic sites. The results showed that the biosorption of bivalent metal ions onto peat moss followed the bidentate adsorption model. The number of acidic sites of peat moss was about 1.5 mmol·g<sup>−1</sup>, so that the saturated adsorption amount of bivalent metal ions was 0.75 mmol·g<sup>−1</sup>. It was also shown that the adsorption process of Cd<sup>2+</sup> and Pb<sup>2+</sup> followed pseudo-second-order kinetics.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(5), 409-413, 2006-09-20 

    化学工学会

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018243769
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8521940
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ