流動層を用いた木質系バイオマス活性コークスの製造 Manufacture of Wood Biomass Activated Carbon in a Fluidized Bed Reactor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金川 幸司 KANAGAWA Koji
    • 名古屋大学大学院工学研究科 化学・生物工学専攻 Department of Chemical Engineering, Nagoya University
    • 小林 潤 [他] KOBAYASHI Jun
    • 名古屋大学先端技術共同研究センター Center for Cooperative Research in Advanced Science and Technology, Nagoya University
    • 森 滋勝 MORI Shigekatsu
    • 名古屋大学先端技術共同研究センター Center for Cooperative Research in Advanced Science and Technology, Nagoya University

抄録

ガス化プロセスにおける硫化水素吸着を目的とし,流動層を用いて木質バイオマスを原料とした活性コークス製造を行った.前報では,固定層型製造装置を用いて活性コークスの製造を行っており,固定層型製造装置で製造した活性コークスは,硫化水素の吸着に適していることが明らかとなっている.そのため本研究では,活性コークスの大量生産を狙い連続式流動層型製造装置での活性コークス製造を行った.実験では,流動層型製造装置および固定層型製造装置で製造した活性コークスの硫化水素吸着性能を評価することで活性コークス製造法が吸着性能に与える影響について検討を行った.その結果,流動層型製造装置で製造した活性コークスは,固定層型製造装置で製造した活性コークスと同等の硫化水素吸着性能を有していることが明らかとなった.

Activated coke was manufactured by using wood biomass in a fluidized bed reactor for adsorption of H<sub>2</sub>S in a gasification process. In the previous paper, activated coke was produced from wood biomass in a fixed bed reactor. It was found that the activated coke produced showed good performance in H<sub>2</sub>S adsorption. In this study, a fluidized bed reactor was employed for the development of mass production equipment. The activated coke produced in a fluidized bed reactor was found to have comparably good the H<sub>2</sub>S adsorption ability to that produced in a fixed bed reactor.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 32(5), 442-447, 2006-09-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018243844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8522396
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ