ポリ乳酸の難燃特性 Flame Retardancy of Polylactic Acid as a Non-petroleum Polyester

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山下 武彦 YAMASHITA Takehiko
    • 松下電器産業(株)パナソニックAVCネットワークス社AVCデバイス開発センター AVC Devices Development Center, Panasonic AVC Networks Company, Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
    • 木田 伸也 KIDA Shinya
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 石川 朝之 [他] ISHIKAWA Tomoyuki
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University
    • 武田 邦彦 TAKEDA Kunihiko
    • 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻 Department of Materials, Physics and Energy Engineering, Graduate School of Engineering, Nagoya University

抄録

非石油系高分子としてのポリ乳酸の燃焼抑制について, 石油系ポリエステルに工業的に使用されている赤リンでは有効な燃焼抑制が難しいこと, ハロゲン化合物で気相のラジカル連鎖反応を抑制することが有効であることを示した. また, 本研究で使用した金属有機錯体触媒により燃焼が抑制され, 特に鉄および銅の錯体, および錯体を多孔質シリカに展着した触媒が有効であった. 初期熱分解温度, 50%熱分解温度共に低い材料の方が燃焼が抑制された. 着火時間は熱分解との相関関係が認められなかった. この結果はこれまで石油系ポリエステル材料で見られた傾向と相違しており, 特に熱分解温度が低い場合, 初期の分解生成物の濃度が薄く爆発限界外になること, 分解生成物の分子量が小さいことが燃焼を抑制している可能性が示唆された.

The combustion and flame retardancy of polylactic acid, one of the non-petroleum polymers, have been studied. Red phosphorous, which is used as a flame retardant for polyesters prepared from petroleum, does not restrain its combustion, whereas a halogen flame retardant shows its effect by stopping radical chain reactions in the gas phase. Some metal-organic complexes, especially iron and copper complexes and their catalysts on porous silica show excellent results. The lower the degradation temperature in the initial stage and at 50% degradation are, the shorter the combustion times are. The ignition times are not affected by the degradation temperature. These tendencies are different from those observed during the combustion test of the polyesters prepared from petroleum. The combustion is retarded because the concentration of the degradation products in the lower temperature is too low for ignition and because the average molecular weight of the products is low.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(9), 577-585, 2006-09-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018244280
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8518635
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ