主鎖中にエーテル基を有するアラミドフィルムの延伸と熱処理 Drawing and Heat-treatment of Aramid Film with Ether Groups in the Main Chain

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ジアミン成分2-クロロ-5-メチル-1,4-フェニレンジアミンとジカルボン酸成分4,4'-ジクロロホルミルジフェニルエーテルから低温溶液重縮合法によりアラミドを合成した. 得られたアラミドの対数粘度は1.77dL/g (硫酸中, 濃度0.5%, 25℃) であった. このアラミドのキャストフィルムの引張特性向上のため, フィルムを<i>N,N'</i>-ジメチルアセトアミド (DMA) /水 (80 : 20, v/v) 中, 液温50℃で延伸 (膨潤延伸) した. さらに, この延伸フィルムを窒素気流中, 張力下, 昇温で熱処理を行ったところ, 強度, 伸度, 弾性率の値が各々1.2GPa, 13.9%, 15GPaを示すフィルムが得られた. この処理フィルムを空気中, 300℃, 2時間, 無緊張下と一定長下の条件で熱酸化劣化試験を行った. この試験で前者の値は強度0.82GPa, 伸度6.59%, 弾性率11GPaを, 後者の値は強度1.1GPa, 伸度13.7%, 弾性率15GPaの値を示した. これらの結果からこのアラミドフィルムは耐熱性もあり, 熱酸化劣化処理後でも延伸-熱処理効果の存在が示された.

Poly[oxy-1,4-phenylenecarbonylimino (2-chloro-5-methyl-1,4-phenylene) iminocarbonyl-1,4-phenylene] (P-1) was prepared by the low-temperature solution polycondensation of 2-chloro-5-methyl-<i>p</i>-phenylenediamine with bis (4-chloroformylphenyl) ether in 1-methyl-2-pyrrolidinone (NMP). The inherent viscosity of P-1 was 1.77 dL/g in sulfuric acid (0.5g/100mL, 25°C). In order to enhance the tensile properties of P-1 film, the film was drawn in a <i>N,N'</i>-dimethylacetamide (DMA) /water mixture (80 : 20, v/v, 50°C) and subsequently heat-treated under tension in nitrogen atmosphere, the temperature being raised from room temperature to 300°C at a heating rate of 15°C/min. The tensile strength (T), elongation (E), and tensile modulus (M) of the drawn and heat-treated film were 1.2 GPa, 13.9%, and 15 GPa, respectively. These values changed to 0.82 GPa (T), 6.59% (E), and 11 GPa (M) after 2 hours of aging at 300°C under release condition in air. After 2 hours of aging at 300°C under condition of constant length, the values changed to 1.1 GPa, 13.7%, and 15 GPa, respectively. The results show that the drawn and heat-treated Aramid films have high-temperature durability.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 63(9), 586-592, 2006-09-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

  • <no title>

    橋本穂

    日本化学会誌, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    平井幹

    日本化学会誌, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    平井幹

    日本化学会誌, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    平井幹

    日本化学会誌, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    平井幹

    日本化学会誌, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    平井幹

    日本化学会誌, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    MARVEL C. S.

    J. Am. Chem. Soc. 80, 1197, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    大石好行

    高分子の合成 反応 (2) 縮合系高分子の合成, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    NIELSEN L. E.

    高分子の力学的性質, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    大石不二夫

    エンジニアリングプラスチック活用マニュアル, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    FROSINI V.

    J. Polym. Sci., B 9, 253, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    ATLAS S. M. 編

    化学繊維II, 1971

    被引用文献1件

  • 高分子科学最近の進歩--芳香族剛直高分子の可溶化

    坂口 佳充

    高分子 41(4), p288-291, 1992-04

    被引用文献1件

  • <no title>

    OISHI Y.

    Macromolecules 21, 547, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    OISHI Y.

    J. Polym. Sci., Part A : Polym. Chem. 27, 3393, 1989

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018244297
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8518650
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ