天然多価フェノール化合物による亜鉛表面の改質と界面構造 Zinc Surface Reformed with Natural Polyhydric Phenols and its Interface Structure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物に含まれる多価フェノール (ウルシオール, タンニン酸) を使い, 亜鉛表面への被膜形成を行った. 被膜性状を接触角と耐食性で評価した. ウルシオール被膜は接触角90°を超える高はっ水性を示した. タンニン酸被膜は, さらに, その形成された被膜に対して, ジアミンによる改質処理として架橋を行い, これによって被膜を強靱化し耐食性を向上させた. 塩水噴霧試験で錆び発生なしの時間は48時間を超えた. これらの処理はすべて水相で数十秒間の常温常圧の下で行った. 金属に対する多価フェノールの利用は, 昨今の環境, 有害性に関する諸問題に対応できる有用な手法の一つであることが証明され, 多価フェノールによる金属表面の多彩な化学修飾の可能性を見いだした.

The surface of metallic zinc was coated with polyhydric phenols (urushiol and tannic acid) occurring in plants. The coating properties were evaluated by contact angles and corrosion resistance. The urushiol coating showed a high water-repellent property with a contact angle of over 90 degrees. The tannic acid coating was cross-linked with a diamine, giving a tough surface with improved corrosion resistance. The salt spray test showed that the exposure time with no rust formation extends over 48 hours. The above treatments were carried out in water for several tens of seconds at ambient temperature under atmospheric pressure. It was thus shown that the use of polyhydric phenols is a useful method of metal surface modification in view of recent interest in environmental protection against harmful chemicals.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(9), 633-640, 2006-09-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018244441
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8518774
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ