レーザー脱離イオン化質量分析法によるIJプリンター印字部に含まれる色素の直接検出 The Direct Detection of Colorants on a Paper Printed by Inkjet Printer Using Laser Desorption Mass Spectrometry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本においても, IJ (インクジェト) プリンターによる偽造紙幣は, 無視できない問題となっている。しかしながら, 法科学分野において, IJの印刷物の着色剤を直接検出する研究はほとんど見当たらない。<BR>本研究では, IJによる印刷物から色素の検出のため, レーザー脱離イオン化質量分析法 (LDMS) を適用した。紫外線パルスレーザーを印字部に直接照射し, これを吸収する色素が脱離, イオン化させ, 飛行時間型質量分析で検出した。<BR>3メーカーの6機種について検討した。シアン, マゼンタ, イエローの各実線ごく微量を正イオンモードと負イオンモードで分析した。2機種は顔料系であり, 分子イオンが得られ, ほかの4機種は染料系であり, その分解物由来と推定されるイオンが得られた。<BR>LDMSは, IJによる印刷物の着色剤を直接検出することができるため, 法科学分野において, 有効な分析法である。

A counterfeit paper currency printed by inkjet printer is becoming a serious problem that cannot be ignored even in Japan. However, there have been few studies on a direct detection of colorants for the printed paper by inkjet printer in forensic science. In this study, we used laser desorption mass spectrometry (LDMS) for the identification of colorants of inkjet. A pulsed UV-laser irradiated colorants on paper, are desorbed, ionized, and detected by time-of-flight MS.<BR>Six types of inkjet printers made by three manufactures were examined. Short solid lines of cyan, magenta and yellow on paper were analyzed in positive and negative ion modes.<BR>For two types of the printers were organic pigments detected as their molecular ions while for the other types, organic dyes were detected as their fragments ions.<BR>LDMS was found to be a useful method for a direct detection of colorants on paper printed by inkjet printers in forensic science.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 79(9), 375-381, 2006-09-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018250077
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8516528
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ