電気炉酸化スラグの化学成分モデルによる高温加熱におけるリン除去能の向上機構 Mechanism of Phosphorus Removal Capacity Improvement at High Temperatures Based on Chemical Composition Model of Electric Arc Furnace Oxidizing Slag

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 農業土木学会論文集  

    農業土木学会論文集 74(4), 475-482, 2006-08-25 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018251972
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03872335
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ