一時的水域で繁殖する魚類の移動・分散範囲に関する研究 : 東京都日野市の向島用水・国立市の府中用水を事例として Research on Migration and Dispersal Range of Freshwater Fish that Reproduce in Temporary Water Area : Case study of Mukojima-channel in Hino-city and Fuchu-channel in Kunitachi-city, Tokyo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ドジョウ等の一時的水域で繁殖する魚類の生息空間として最低限保全すべき恒久的水域の範囲として, 繁殖のための一時的水域への移動 (進入) 範囲と成育後の一時的水域からの分散 (脱出) 範囲を明らかにすることを目的として, 一時的水域へ繁殖のため移動する魚類および一時的水域から分散する魚類にマーキングを施し放流した後, 再採捕調査を行った.その結果, 1) ドジョウの移動・分散範囲は一時的水域との接続点から上流100mから下流300m, タモロコは上流200mから下流500m以内の範囲であった.2) ギンブナ, シマドジョウは再採捕個体数が少なく移動・分散範囲を明らかにできなかったが, シマドジョウは上流から一時的水域に移動して繁殖し, 再び上流へと分散しており, ギンブナは一時酌水域から脱出後堰上部の深みへと分散していた. 3) ドジョウ, タモロコは前述の範囲外から移動して一時的水域へ進入する移動的な個体が少数存在していた.

The purpose of this study is to demonstrate migration range of fish which reproduce in temporary water area and their dispersal range from temporary water area after growth, to conserve their habitat in permanent water area. The investigation method was marking of fish which migrated to temporary water area and dispersed from there, and recapturing marked fish afterward. As a result, 1) Migration and dispersal of <I>Misgurnus anguillicaudatus</I> ranged from 300m of the lower permanent channel to 100m of the upper permanent channel at connection of permanent channel and temporary water area. As for <I>Gnathopogon elongatus elongatus</I>, it ranged from 500m of the lower permanent channel to 200m of upper permanent channel from there. 2) The range of <I>Cobitis biwae</I> and <I>Carassius</I> sp. were not enabled to demonstrate, but <I>Cobitis biwae</I> migrated from upper permanent channel to temporary water area and reproduced, dispersed to upper permanent channel. <I>Carassius</I> sp. dispersed from temporary water area to deep pool of upper barrage. 3) Some <I>Misgurnus anguillicaudatus</I> and <I>Gnathopogon elongatus elongatus</I> migrated to temporary water area beyond aforesaid range of migration and dispersal.

収録刊行物

  • 農業土木学会論文集  

    農業土木学会論文集 74(4), 553-565, 2006-08-25 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018252120
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03872335
  • NDL 記事登録ID
    8518522
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-365
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ