Integrated Bipolar ICD Lead の心房波オーバーセンシングによる失神  [in Japanese] Syncope due to atrial oversensing by integrated bipolar ICD lead  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は52歳, 女性.心室細動 (Vf) による心肺停止状態となり, 植込み型除細動器 (ICD) 植込み術を施行した.以後Vf発作は認めなかったが, 発作性心房細動 (Paf) によるICDの不適切作動を頻回に認めた.Pafは多剤無効でアミオダロンを使用したが, 甲状腺機能亢進症を生じたため継続不能となった.アミオダロン中止により, 再びPafによるICDの不適切作動を認めた.このため薬物コントロールは困難と考え, カテーテルアブレーションによる房室プロツク作成術および心房リードの追加を行いDDIRペーシングとした.その後はICDの不適切作動は認めなかったが, 7カ月後に失神発作を生じた.ICD記録では, 頻拍イベントは認めなかったが, 入院後の心電図モニターで失神前兆と一致して心停止を認めた.心房波は75bpmの自己調律で, ICDの心内心電図記録から, 心房波のオーバーセンシングによる心室ペーシング抑制と考えられた.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology  

    Japanese Journal of Electrocardiology 26(5), 737-743, 2006-09-25 

    The Japanese Society of Electrocardiology

References:  10

You must have a user ID to see the references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10018252999
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top