小児のけいれん重積状態治療における midazolam の薬物動態学的検討(予報) A pharmacokinetic study of midazolam for the treatment of status epilepticus in children : a preliminary report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

けいれん重積に対してmidazolam (MDL) 治療を行った小児のうち, けいれんを消失させた投与量に対するMDL血中濃度を測定しえた7例 (静注6, 点鼻1) を対象とした.1回量投与後けいれん消失時のMDL血中濃度は257 (点鼻)-2,510ng/m<I>l</I>, 持続静注によるけいれん消失後維持中の血中濃度は335-2,730ng/m<I>l</I>であり, 小児のけいれん重積に対するMDLの有効血中濃度は250-350ng/m1以上と推定されるが, 血中濃度のばらつきが大きかった.MDLの半減期は0.25-2.29hrで報告値とほぼ同様であったが, 分布容積は0.07-0.42<I>l</I>/kgで成人値より小さく, クリアランスは0.022-0.657<I>l</I>/hr/kgとばらつきが大きかった.

収録刊行物

  • 脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY  

    脳と発達 = OFFICIAL JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD NEUROLOGY 38(4), 301-303, 2006-07-01 

    The Japanese Society of Child Neurology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018253988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020232X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00290831
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ