クエ受精卵に対するポビドンヨード処理の消毒効果および正常ふ化率に及ぼす影響 Evaluation of Povidone-iodine Treatment for Disinfection and Normal Hatching Rate on Fertilized Eggs of Longtooth Grouper, Epinephelus bruneus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 純 SATOH Jun
    • 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所病害防除部 Aquatic Animal Health Division, National Research Institute of Aquaculture, Fisheries Research Agency
    • 斉藤 貴行 SAITOH Takayuki
    • 水産庁増殖推進部栽培養殖課 Fish Ranching and Aquaculture Division, Reseouces Enhancement Promotion Department, Fisheries Agency
    • 渡邉 研一 WATANABE Ken-ichi
    • 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所病害防除部 Aquatic Animal Health Division, National Research Institute of Aquaculture, Fisheries Research Agency

抄録

クエ受精卵のポビドンヨードによる適正な消毒条件を調査した。その結果、有効ヨウ素濃度0~100mg/l に5~20分間浸漬した場合、有効ヨウ素濃度100mg/l 以下の濃度で5分間の浸漬では、対照区の正常ふ化率と同程度であった。有効ヨウ素濃度25mg/l で10分間もしくは50mg/l で5分間に浸漬した場合の受精卵の生菌数は対照区と比較して99.9%以上減少した。8つの発育段階の受精卵を有効ヨウ素濃度50mg/l で5分間浸漬したところ、対照区に比較して正常ふ化率は低下しなかった。以上の結果から、クエ受精卵の安全で効果的な消毒条件は、受精卵の発育段階に関係なく有効ヨウ素濃度50~100mg/l のヨウ素を含む海水に5分間浸漬する方法であると考えられた。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 54(3), 265-268, 2006-09-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018255270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8521956
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ