養殖ブリの Lactococcus garvieae, Streptococcus iniae および S. dysgalactiae 検出のための複合PCR Multiplex PCR for Detection of Lactococcus garvieae, Streptococcus iniae and S. dysgalactiae in Cultured Yellowtail

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

レンサ球菌症は、日本の養殖ブリ、カンパチおよびサケ科魚類の重要な病気の一つであり、経済的に問題となる。Streptococcus iniaeは海産魚と淡水魚の病原体として知られている。いっぽう、Lactococcus garvieae とStreptococcus dysgalactiaeはブリおよびカンパチの病原体として知られている。しかしながら、これらの病原体の混合感染症がブリで発生しているため、正確な診断は時に困難である。主たる病原体が何であるのかを特定するために、この研究の中で複合PCRによる診断の有効性について検討を行った。PCRは、L. garvieaeでは 16S rRNAから、S. dysgalactiaeでは16S-23S rDNAのITS領域から、またS. iniaeではlactate oxidaseから設計されたプライマーを使用して行った。これらを使用した複合PCRにより、培養したL. garvieae、S. dysgalactiaeおよびS. iniaeから各々明瞭な1,100、259および870bpの増幅産物が得られ、非特異的な増幅産物は得られなかった。また、ニジマスにこれら3種の細菌を接種し、各組織から複合PCRにより各細菌の検出を試みた結果、迅速で正確に各細菌の増幅産物を得ることができた。このことから本複合PCRはブリのレンサ球菌症の診断に有効であると判断された。

Journal

  • 水産増殖  

    水産増殖 54(3), 269-274, 2006-09-20 

    水産増殖談話会

References:  14

You must have a user ID to see the references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10018255282
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00124667
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL Article ID
    8521979
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-761
  • Data Source
    CJP  NDL  IR 
Page Top