紅藻ユカリ Plocamium telfairiae アセトン抽出物のエゾアワビ Haliotis discus hannai に対する摂食阻害 Feeding-deterrents of the Acetone Extracts from the Red Alga Plocamium telfairiae Against the Abalone Haliotis discus hannai

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

福島県栽培漁業協会のウニ、アワビ飼育水槽内で紅藻ユカリが摂食されずに生育していた。そこで、同飼育水槽内、宮城県松島湾ならびに静岡県伊豆半島に生育するユカリのエゾアワビに対する摂食阻害活性とユカリ群落に生息する底生動物群集組成を調べた。ユカリのアセトン抽出物から摂食阻害物質として8種のハロゲン化モノテルペン化合物が単離同定された。アセトン抽出物の阻害活性は福島産がもっとも高く、松島湾産、伊豆半島産の順であった。底生動物群集は、小型腹足綱が多く、松島湾と伊豆半島では優占する種が異なっていた。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 54(3), 359-364, 2006-09-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018255557
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8522193
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ