植食性小型巻貝によるホソメコンブの摂食に及ぼす水温の影響 Effect of Grazing by Small Herbivorous Gastropods on the Kelp Laminaria religiosa at Different Water Temperatures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道南西部の日本海沿岸で見られる藻場の消失に、植食性小型巻貝類が及ぼす影響を解明する上で必要となる基礎的知見を得ることを目的に、小型巻貝によるホソメコンブの摂食に水温が及ぼす影響を室内実験によって検討した。まず、コシダカガンガラを用いて、スライドグラスとスチロール樹脂製容器に着生させたホソメコンブ配偶体に対する摂食実験を、水温5℃、10℃、15℃の3条件下でおこなった。コシダカガンガラによる配偶体の摂食量は、水温が高いほど多くなる傾向が認められたが、低水温の5℃であっても、コシダカガンガラは配偶体を摂食した。次に、コシダカガンガラとクボガイを用いて、ホソメコンブの幼胞子体(葉長3cm 程度)に対する摂食実験を、水温10℃と15℃の2 条件下で実施した。クボガイでは、水温条件に関わらず幼胞子体に対する活発な摂食が認められたが、コシダカガンガラでは、幼胞子体への摂食はほとんど見られなかった。以上から、植食性小型巻貝によるホソメコンブ群落に対する影響は、水温条件と巻貝種によって異なる可能性が示唆された。

収録刊行物

  • 水産増殖  

    水産増殖 54(3), 375-381, 2006-09-20 

    水産増殖談話会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018255623
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    8522212
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ