高度な骨吸収のある前歯, 抜歯しないで保存して審美的な治療が可能か? Front Teeth with Severe Bone Defects, Extraction or Comprehensive Therapies Attended by Esthetic Effects

この論文をさがす

著者

    • 松江 美代子 MATSUE Miyoko
    • 日本大学松戸歯学部 歯周治療学講座 Department of Periodontology, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 桑原 克久 KUWAHARA Katsuhisa
    • 日本大学松戸歯学部 顎口腔義歯リハビリテーション学講座 Department of Gnatho-oral Prosthetic Rehabilitation, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 増田 美樹子 MASUDA Mikiko
    • 日本大学松戸歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 Department of Crown-Bridge Prosthodontics, Nihon University School of Dentistry at Matsudo

収録刊行物

  • 歯科審美 = Journal of esthetic dentistry  

    歯科審美 = Journal of esthetic dentistry 19(1), "34-34"-"39-39", 2006-09-01 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018256320
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1016700X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09161945
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ